イクメン兼業トレーダーのFXブログ

3年で1億稼ぐ男のリアルなFXブログ。過去2度の退場を経験した後、再起を果たす(予定)。兼業でも戦えるトレード手法実践中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は一晩で大きく動きましたね。

円安の流れに乗ってFXに参入してきた人は、FXこえぇ・・とかなってるかな。



自分はユーロドルをこのポイントでSしてました。


fgfdfdfdf


んで、TPは設定せずにねたんだけど、朝起きたら長後目標値くらいに落ちてきていたので、迷わず利食いしました。

200pipsほどの利益。




今回の下降に乗れたのは、たまたまその時間に起きていたのが大きい。

動きを見ながらエントリーできたし。

そういった意味では運が良かったと言える。


でも運が全てじゃない。



そのトレードのひとつをとればたまたま勝てたという事実が残るんだけど、その勝ちを得るためには論理的思考などいろんな土台となる考えがある。

それは試行錯誤して作り上げたものなのだから、ただ運がよかった、という言葉で片付けるわけにはいかない。



そこまでの過程は自分の実力だし、その責任は自分にある。

その辺を曖昧にして、運が良かった、悪かったと考えないようにしたいものです。




---------------------------------------------------


昨日のユロドルLはストップにかかり決済。-16pips

日足200EMA付近まで落ちてきたし、勢い良く反転しないのであればヨコヨコしちゃうかなーと思ってた。


んで反転に勢いないし、しばらくはこのままレンジを作りそうな予感。

このような動きになれば、自分は手を出さない。



レンジの上下を取っていこうと試行錯誤したときもあったけど、とにかくむずい。

それなら抜けたときにしっかり取っていければいいんじゃない、って考えに至りました。


ただ、この程度のヨコヨコでは勢い伴ってブレイクするのは考えにくい。

今日1日はブレイクアウトを狙って手を出すことはまずないと思っています。



今日は仕事が休み。

家族でイチゴ狩りに行ってきます。





スポンサーサイト
ユーロドル Lエントリーメモ


ユーロドル4H
ggdfdddgg


メジャートレンド/↑

Lエントリー理由/日足200EMA、長期フィボ38.2%付近

SL/直近ヒゲ

TP/短期フィボ23.6%付近

コメント/ここでもみ合うようならたぶんSLにかかる。勢い付けて戻すかな。





体調が良くなってきた。

まだ完全復活じゃないけれど。


最近ちょっと悩んでいたんだ。


安定した右肩上がりのやり方は望ましいけれど、今の自分はそれをやってていいのか?

小額から資金を増やしていくためには、ある程度のギャンブル的なトレードで一気に増やす必要もあるのではないか?



んで、ハイレバでのやり方をいろいろ試行錯誤してた。

ブレイクの最初の部分だけ頂くやり方もこの一環。


でも、なんだか違和感を感じてた。




そんなときに体調を崩した。

検証や学習に使っていた朝の時間を、体を休ませる時間に使った。




そして思ったんだ。



俺が目指してるトレードって、こんなときでも続けられるトレードなんじゃなかったっけ?



今やろうとしてることって、続けることできそう?




今回体調悪くなったことで、自分のやりたいこと、それに対する自分がやるべきことが明確になった。

この迷ってるタイミングで体調不良になれる俺ってツイてるわ(`・∀・´)┛ヨッシャ




ただ、このとき試行錯誤した経験が間違ってはいなかったと思う。

その中から、今のやり方を活かしつつもう一歩進んだやり方を思いつくことができたから。



人間万事塞翁が馬

どの経験が活きてくるのかも、この先どうなるかもわからない。



一見悪そうな出来事だって、見方を変えれば絶好の成長の機会かもしれない。



大切な事はいつも当たり前の中に在る。

つまらない毎日を笑って乗りこえてゆこう。 by HERO/EXILE





おはようございます!

今日も朝早いね!だって?



はは、今日は1時半に起きちゃったよ。

そこから2時間ほどチャートと向き合って、考えが煮詰まっちゃったから台所の掃除をしてたんだ。

この時期の水仕事は結構つらいね。手がかじかんでうまくキーボードが打てないYO。



------------------------------------------------------


前回書いた続き。

ユーロドル4H
rddddsss


下のラインでSしたポジション。

もともとストップはたまっているだろうという考えの下、注文を入れていました。

かつ、FOMCでの勢いも乗っった感じ。


前回も書きましたが、こちらの利益目標は+180pips。


で、そのまま放置してたんだけど、この時点でストップを移動↓


fdffsfssfffs
スマホからのキャプ


んで結局そこにかかり、+71pipsで決済。


正直このストップの移動は安易にやりすぎた。

一貫性もなければ、考えも浅い。



ポジションを持ってしまうと、ポジションを持っている人の目線でしか見られなくなる。

フラットな人ならどこで仕掛けようとするかな?とか、

あえてポジションを持ってない人の目線で見ることも大事だったりする。



毎度毎度のことだけど、1回のトレードから学ぶものが多い。

こういったものを消化していくことで、進むべき道が見てくるのかな。





*************************************************

今回の結果:ユーロドル 3000通貨 +71pips

Pepperstoneでのトレード 総トレード回数3 通算成績-21pips

*************************************************





てかさ、ユーロドルしかやってない自分でも考えることってものすごく多い。

多通貨やってる人って単純にすげーーーと思う。

逆に、自分が今までいろんなペアに手を出してて勝てなかった原因のひとつも、そこにあるんだとも思う。






おはようございます。


最近朝の時間を検証に使っているため、ブログ更新が遅れています。

まとめたい内容もあるんですけどね。

結構良さげな思いつきなため、早急に理論に落とし込む作業がしたくて。



あと、体調が悪くて・・・

しっかり管理しなければ。





********************************

ユーロドル4H

fsssffsfs


先日から持っていたこのSはストップにかかって決済しました。

-60pips


その後もS目線は継続。

FOMC前には入ればでブレイクの最初だけ頂くポジションも持ちました。



同じくユーロドル4H
rddddsss


FOMC前に一番下のヒゲのラインをブレイクしていればトレードするつもりもなかったのですが、直前までどちらに行くかわからない状況が続いていたのでエントリーを試みました。

注文を入れた位置は、声明直前の時間での位置から数pips下。

リスク15pips。



勢いがつけばその下のラインも突破するだろうと、もともとのS注文もそのまま。


これがうまくいき、最初ので20pips頂きました。

こういったところでうまくハイレバで攻めれればパフォーマンスがあがりそうだなー、なんて思っています。


ただ、当初の利益目標は30pips。

レバをかけすぎてビビってしましました。(正直このレバは失敗。ここも課題です)



当初のエントリーのポジはそのまま持ち越し。

利益目標は180pips。

(既にこれは決済されましたが、次回に書きます)



*************************************************

今回の結果:ユーロドル 3000通貨 -60pips

Pepperstoneでのトレード 総トレード回数2 通算成績-92pips


今回の結果2 ユーロドル 50000通貨 +20pips

Pepperstoneでのトレード 
*************************************************



今はマネーマネジメントを見直し中。

リスクとなるpipsを減らし、レバレッジを活かせるようなやり方にシフトしていこうかな、と。

勿論今回のようなハイレバにはしませんが・・・








体調が悪い。

なんか昨日の朝から全然食欲がわかない・・・

今日はゆっくり休もうそうしよう。



どうもおはようございます。

兼業トレーダーのヒロキです。



上記のようなTweetを昨日したわけですが、こういう考えってやっぱりちょっと甘い。

兼業の人は、専業の人と比べて、トレードをしなくても収入がある。

確かにそれはメリットではある。



だけど、それを理由にトレードに向かう姿勢を甘くしていてはいけない。

兼業だろうが専業だろうが相手は同じ。

気持ちで負けてたら勝てる勝負も勝てなくなってしまう。



特に自分の場合、体調が悪かろうがなんだろうが、続けれるやり方にこだわってきた。

休むも相場とは言うけれど、考えることを放棄して楽したくて休んでいてはいけない。



どんな状況でも、ただ「続ける」こと。

気を引き締めていきます。



----------------------------------------------------

ユーロドルのSポジはずっと保有したまま。

上にも下にも抜けない展開。

上下に80pips前後動きつつ、行ったり来たりを繰り返してる。



Twitter見てると、この動きで結構やられた人が多いみたい。

短期の人も、はっきりとしたトレンドが出てないときはやりにくいのかな。



こういった動きが続けば続くほど、動いたときの大きさは大きくなる傾向がある。

ブレイクアウト狙う自分としては、ここはさらに仕掛けておくべきでしょ。



ってわけで、下に抜ければついていきます。

上の場合は何もしない。



どっちに動くかはわからないけど、兎に角自分はその動きについていくだけ。

なんか上に抜けそうだったけど、いまいち勢いが弱いね。



さてさてどうなるか・・・





リアルトレード2発目

ブレイクアウト狙い



ユーロドル4H

ghdgffssss


緑点線割れでS


ポジション2分割

①T/P+60pips, S/L-30pips

②TP+150pips, S/L-60pips



自分は4時間足の200EMAと50EMAを押し目買い(戻り売り)のポイントとして見てる。

んで、このエントリーの注文を入れたときはそのことを考えてなかったんだけど、注文が刺さってから少し悩む場面だった。



同じくユーロドル4H ラインブレイク後
fsssffsfs


思ったほど勢いを伴わない。

これって、ここから反転するかな?


少し迷いがあった。


けど、特に方向性は変えず。



ポジション①は建値で決済。

これは予定通り。勢いで取るポジションなので、ブレイク後ストップを建値移動する。


ポジション②は持ち越し。

ストップの位置も変えず。



*************************************************

今回の結果:ユーロドル 3000通貨 建値決済

Pepperstoneでのトレード 総トレード回数2 通算成績-32pips

*************************************************



反省点は、ポジション①の決済値が一貫性がないこと。

今回裁量でT/Pの位置を入れてしまった。検証時と違う。


こっちのポジションについては少し考えるところがあるので、一旦再検討しようと思っています。






半年間ずっと向き合ってきたという自信と、たった半年間で何か変わるのかという不安の狭間をいったりきたりしてる。


FX歴はそれ以上なんだけどね。

真剣に考えるというか、しっかり向き合いはじめたのはほんとここ数ヶ月前だったりもする。

それこそ当時はちゃんとやってると思って取り組んできたけど、今考えるとそれはやってる気になってただけ。



そう考えると、半年後の自分から今を見るとどうなってるのかな。

それはそれで、ちょっと楽しみだ。



とはいえ、現在の自分は迷ったり悩んだりを繰り返してる。


ただ、何をやっていいのかわからないということを理由に、何もやらないという選択をしたくはない。

できることをやろうという理由で、簡単な道を選びたくもない。




そこでこう考えた。



今この状況での良いことはなんだろうか?

どれだけ困難な状況にあっても、今この状況の良い面に目を向けることができれば気分は変えられる。

そうすることで、困難な状況に対処するだけの自信も得られる。




その気持ちを足場にして這い上がっていくんだ(`・∀・´)┛ヨッシャ



で、一晩考えてみた。


まだちょっと形にできるほどのものにはなっていないけれど、活路は見えてきた気がする。



ワクワクする気分は取り戻せたし、その地図が目的地への地図なのかどうか、しっかり判断していこう。

間違った地図を使って頑張ったとしても、間違ったゴールに着くのが早くなるだけ。




そんなときにたまたま、Twitterであるフォロワーさんからオススメ頂いた本がコレ。






意図としてはちょっと違うかもしれないけれど、この偶然を活かしていきたい。

読み返したい本を含めると積読が50冊くらいたまってきたけど、今まで培ってきた読書力で上手いこと消化してやんぜ。

この本500ページ越えの大作なんだけど、そんなこともうまんたいだぜ。





リアルトレード1発目

はい、見事に負けトレードになりました。

なんていうか、自分に負けたトレードというか・・・。



ユーロドル4H(スマホからのキャプ)
gxfsss


ここで成行S

ストップは直前高値(画面中央付近赤ライン)

(その下のラインはブレイクアウトの注文入れてるんだけど、これに関してはまた次回で。)




本来このタイミングでSはしないんですよね。

自分に都合のいいような理由を付けて、強引にトレードした結果がコレ。

まぁ負けてよかったわ。悪壁がつくのはほんと避けたいところ。



機会は待つもので、作るものではない。

流れは乗るもので、作るものではない。




gfdgghgfffh



バスケをやってた自分としては、この気持ちは痛いほどわかる。

だけど、これを相場に持ち込んではいけない。

相場という相手に対して、ひとりの力というのはあまりにも無力。それを認めなればいけない。



そして本当に闘うべき相手は自分。

それを思い知らされたトレードでした。



*************************************************

ユーロドル 3000通貨 -32pips

Pepperstoneでのトレード 通算成績-32pips

*************************************************


資金管理をじっくり考えるために小lotからやってます。

稼ぐよりも続けられることから。

リスクは比率で考えていこうと思ってるので、単純に証拠金を増やせばその分lotを上げれる計算です。

まーこれで破産したらその資金管理は失敗だったということだね。


結果も金額ベースではなく、pips換算で。

あくまで長期目線。



ちなみに、自分はどんなときもlotは固定。

自身があるときは大きめにしよう、みたいなのもありますが、そもそも自信ってなに?

これは確実に勝てる!と思ったら負ける。

そんな風に考えてる自分は、1つのトレードに強い想いを込めたりはしないようにしています。



さて、反省もしっかりしたし、次にいこー。





今日はポジションの積み増しについて。



私のトレードスタイルは、トレンドフォローのスイングがメインです。

ブレイクアウトしたタイミングで取る。



エントリーのタイミング等は置いておくとして、こんな感じのところで取っていく。

画像では、黄色のラインブレイク後のエントリー。


以前載せたチャート ユーロドル4H
bvdfffff



で、自分の場合、スイングといっても結構期間は短め。

具体的な期間を固定してはないんだけど、利食い幅を150~200pips前後を狙うので、それにあわせた期間になる。

(高勝率で狙うブレイクアウトはもっと小さい利食い幅でやったりもするけど、基本はこっち)


大体数日から、長くとも1週間くらいかな。




この辺は最初に結構悩んだ。


大きな波を狙って一気に取っていくのか

大きな波の中の中くらいの波を取っていくか



大きさの定義は異なると思うけど、イメージとしてはこんな感じ。

赤を大きめの波、黄色を中くらいの波として考える。

bbfsdfffsfsf



結局自分は後者を選んだわけだけど、その理由としては、


利食いの機会が多いため、精神的なストレスが少ない


ってことに尽きます。

利益率としてはどっちが良いとは一概には言えないかな。

時間的なストレスは前者のほうが少ないとは思う。


どっちが正しいということもないし、自分に合ったやり方が正解なんだろう。

自分としてはその都度楽になりたい派なので、こっちのほうが合っているんだ。




で、ポジションを持っている間も機会があれば際限なく積み増す

こんな感じで。


ユーロドル 4H
fbbfffss

※損切り等の基準は今回は割愛します



このブレイクアウト意外にも、トレンドがしっかり出てるときには押し目や戻りを狙ったトレードもする。

そのため、1つのポジションのリスクを考えるとともに、最大に積み増ししたときの証拠金を含めたバランスを考える必要がある。

そうなると、どうしてもレバレッジを大きく取れるほうがありがたい。




もちろん含み益が乗っている状態での積み増しが基本となるため、全体のリスクとしてはさほど大きくない。

だけど、ポジが増えればどうしても証拠金がかさんでくる。

積み増ししたいときに証拠金不足でエントリーできなくなっちゃうから。

国内のレバ25じゃちょっときつい。





で、現在は海外業者を使ってます。

ココね




レバ400倍なのは本当にありがたい。

自分としては、今のところ海外業者を使うメリットはハイレバ以外にないです。

正直英語とかめんどいし。




そんな感じ。



それプラスアルファで考えてることもある。

それは、ポジションを分割して大きな波を取っていく試み。


ある程度運の要素が強くなるけど、ストップを建値において忘れる感覚でいこうかな、と。

直感や感性に頼るところが大きいけど、そんなやり方も必要だと思い始めてる。



理論によるやり方には正直限界を感じてる。

もちろん右肩上がりの損益曲線を描くには理論は必須。

だけど、大きく増やしていくためには、ある意味ギャンブル的な要素も欲しいのかな。


その辺も含めて、今後の課題にしたいと思っています。









書いてて思った。

今よりもうちょっとリスク大きめに取れるわ。

もう一度マネーマネジメントについて組みなおしてみようそうしよう。



無理は禁物だけど、無駄に慎重になる必要もない。

欲は出しすぎちゃいけないけど、抑えすぎたら意味がない。


納得する部分を低く設定せずに、じっくり自分と向き合っていこう。


やぁ、おはよう。

相変わらず早起きしてるよ。

今日も寒いね。

だけど元気。いいこともあったからね。


最近ほんとよく思うことがあるんだ。

それは、良い思考は良い人を引き寄せる、ってこと。


昨日も欲しかったものが得られた感じで、すごくいい気分だったんだ。


長い間悩んでいたことも、ちょっとしたきっかけで解決することがあるよね。

そのきっかけって、人が運んでくれることが多いと思うんだ。



やっぱり人との付き合いは大切。

良い人と付き合っていけるよう、まずは自分磨きは怠らないようにしていきたいね。




そういえば、雛人形出しました。

ghgdggggd



毎年思うんだけど、これって結構大変。

場所とか取り扱いとか・・・

ケースのやつにすればよかったな、なんて思ったり。



うちのは3段なんんだけど、もっと大きなものはもっともっと大変なんだろうな。

うちの実家は7段だったし、親になってみてその苦労がわかります。







----------------------------------------------------



資金管理について聞かれたので、それも踏まえてまとめてみる。



所謂マネーマネジメント、リスクマネジメントという言葉を聞くと、ローリスク戦略を思う人が多いと思うんだけど、それだけではないんだ。

どっちかというと、反対の意味もあって、損失に対して期待される利益をどれだけ最大化させることができるか?という面もある。

そういった最適化をした場合、長期的に見れば期待利益を最大化させることができる。

その反面、予想される損失も高くなる場合も多い。




自分の中でも、資金を効率よく増やしていけるような資金管理方法を考えたんだけど、なかなか難しい。

最適化させるためには、まずは自分の持つ優位性を数値化する必要がある。


もちろん過去の検証から得られた優位性は数値化しているんだけど、自分のやり方は曖昧さを含んでる。

というか、あえて含ませている。

(その理由は、時間的要因だったりストレスだったりするんだけど、今回は趣旨から外れるので割愛します。)



そのため、トレード数や獲得pips等も、検証時の結果と一致することはまずない。

(勿論それが理由で優位性がなくなるようなことはない。)



それと、利益を最大化したい、という気持ちは「勝ちたい」という気持ちに繋がると思うんだよね。

そうすると欲も出るし、良くないプレッシャーに追われてしまう。


欲やプレッシャーが悪いものだとは言うつもりはない。

適切に管理をすれば、寧ろ良いものにだってなる。



自分の場合は勝つことよりも負けないことに焦点を合わせたい。

(1つのトレードに対してではなく、長期的な目線で。)



「勝つこと」と「負けないこと」は言葉としては同じ意味なんだけど、欲に焦点を合わせると違ったものになる。



「雀鬼」の異名を持つ雀士、桜井章一さんの著書「負けない技術」にこんな一節がある。


勝ちたいという気持ちは、欲望と同じで限度がない。

際限なく相手を叩きのめすようなやり方も、勝ちたいという気持ちに支配された人間のやり方だ。




負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社プラスアルファ新書)




トレードでも同じように、全てを取ってやろうと思うと欲を出すと無理が生じる。

決められたタイミングよりも早まってエントリーしてしまったり、損切るべきところを放置してしまったり。


そんなことをしていたら、自分の持つ優位性を活かすことなんてできない。






さらにこう続く。




負けないという気持ちは、勝ちたいよりも人間の素の部分、本能に近いところがある。

負けなければいいわけだから、相手をとことん追い込む必要はない。

必然的に、そこには一定の限度と言うものが生じてくる。

限度があるから、相手がちょっと泣いた顔をすればおしまいとか、そういう終わらせ方ができる。




トレードでも、納得するということが大事だと考えてる。

もうちょっと利を伸ばせばよかった、あのとき損切りしなければ、みたいなことをよく聞くけど、納得することができればそんな考えもなくなるんじゃないか?

(ま、そんなに簡単にいかないかもしれませんけどね、自分もよくそう思いますし。)




基本的な考え方はこんな感じ。

根つめて最大化してやるぜ!みたいなのではなくて、もっとゆったりした感じ。


長くなってしまったので、具体的な数値を含めた管理法はまたの機会で。

そしてもちろん例外もあるんだけど、それもまたの機会に。



この本はほんとオススメ。機会があったら読んでみて。

例の黄色い古本屋なら100円コーナーに置いてあるから。てかAmazonでも1円だし(笑)。





----------------------------------------------------



リアルトレードのほうは、Pepperstoneに入金も済んで準備OK!

昨日エントリー機会が来るかな、なんて思ってたけど、微妙にずれてて結局エントリーはせず。

なんともいえない展開だけど、無理なトレードはせず、自分のターンがくるまでじっと待とうと思います。





いつからリアルトレードすんの?


おそらくそろそろこのような内容のことをコメントされるとは思っていました。

ただ、思ったよりも誠実な言葉遣いの方でありがたかったや。




そのコメントから影響を受けたわけではないんだけど、準備が整い次第今週からでもリアルトレード再開しようと思っています。

ただ、自分はスインガーなので、エントリーの機会なければずっと様子見のままいくかもしれません。


思えばもう半年経つんだね。

そりゃ長いわ。当初は1ヶ月くらいデモでやりながら考えてみようと思ってたんだけど、うまくいかないモンだよね。



でも、遠回りしてきた分、得たものもある。

自分自身とも何度も向き合って、葛藤を繰り返した。




このまま続けていっていいのか?

いつこの迷路から抜け出せるのか?






そして、トレーディングで最も大事なことは何か?


出した答えは『姿勢』だったり『哲学』でした。

それを確立するために多くの時間を使った。

別にみんなそれをする必要があるとか言いたいわけではなくて、自分にはそれが必要だったということ。




甘くないとわかっているから理論を固め、しっかりとした準備に時間をかけてきた。

一歩踏み出せてなかったのは事実。

じっくりと時間をかけて作り上げてきたものだからこそ躊躇もしてしまう。




考え出したらキリがなく、迷いだしたら動けなくなる。

「休むも相場」という格言があるけど、迷って考えることを放棄しての休みなら意味がない。



怖くてもしっかり目を開いて、向き合っていこう。




現在入金やらなんやらの手続きをしていまして、それが完了次第復帰します。



やべぇ、やべぇぇYO!


dddddsd



fgfgfff




これは昨日の出来事。

19時くらいだったかな。


いつものように仕事が終わり、「帰るよ」なんてLINEで連絡し

(↑俺だってLINEくらい使ってるんだよアピール、キャピ)

帰宅した。



ちょっと遅くなったため、既に家族は夕食を済ませたとのこと。

娘が走ってきて「ぱぱおかえりー」って言いながら飛びついてくる。

この瞬間はほんと至福。マジ至福。これで疲れなんてすっとばす。



そのまま娘を膝に乗せ、夕食を食していたときに事件は起こった。




俺は妻の作るご飯が大好きだ。




もう一度言っておこう(ここは本当に大事だ)。




俺は妻が作るご飯が本当に好きだ!





そしてこの日の夕食はいつにもまして、本当に美味かった。

これは一言言わなきゃいけない美味さだろう!


ってことで、言ってみた。




オリ「これほんと美味いねー、天才やね。また作ってね。」


ツマ「・・・」




あら?聞こえんかったのかな?


大事なことだしもう1回ちゃんと言っておこう。





オリ「今日のこれ、ホントうま・・・」

ツマ「それ出来合いだよ!!」




------------------------------------------

できあい[―あひ] 【出来合い】

注文によって作るのではなく、すでにできていること。また、そのもの。既製。
⇔あつらえ

------------------------------------------



いやもうこの後はなに言って裏目っちゃうよね。

もう既にブレイクアウトしてんのにダマシかもしれないって思ってエントリーするのためらってたけど結局ブレイクアウトしててそこから追っかけで入っちゃう、みたいな



いやでもこれだけは言っておこう。




俺は妻が作るご飯が本当に好きだ!





もっかいGEZAってくるorz


rrfaaaa







そういえばさー、以前ハイパートレーダー(以下HP)とskypeしてたときにちょっとウソっちゃったんだよね。

ついでだからそれもGEZAっとこう。



いやそのときはウソじゃなかったんだけどさー、真実は違ったていうか・・・



それは身長が俺と同じくらい(175くらい)だっちゅー話からの流れだった。



HT「ヒロキさん体重いくつくらいですか?」

オリ「60くらいだよー」


HT「ちゃんと管理してるんだねー。すげー。」

オリ「ハハ、まぁね。」



的なノリなんだけどさ。



昨日職場の検診だったんだ。

そんで体重計乗ったらさ、みたこともない数字が出てんの。




おれ運動するわ





あのときはごめんね、俺5キロくらいサバよんだ。



fffffsf




**************************************************



なんか前置きがクソ長くなった。



ここから為替の話、っていこうと思ったんだけど、簡単にしよう。



最近Twitterですげー人をよく見かける。

偽者もいるのかもしれないけど、(おそらく)本物も多い。



たぶんそんな人に影響受けてる人って多いんだろうな。

確かに俺も影響受けるし、いい刺激になる。

可能性は広がるし、その点ではすばらしい。



だけど、その域を超えて過剰に反応してる人も多い気がする。



すげートレーダーのやり方ってのはその人が死に物狂いで創り上げたやり方(姿勢や考え方も含む)であって、安易に取り入れられるものではない。

そんなことできてりゃ億トレーダーが量産されるはず。



それよりも、自分のやり方を見つめなおすいい機会だ、くらいに受け取ることのほうがいいんじゃないかな。



せっかく積み上げてきたものがあるんだから、それを活かさないでどうするの?



もちろんこれは否定しているわけではないんだ。

変化も受け入れる柔軟性や、今まで信じてきたものを捨てて新しいことをやってみようということは必要だとも思う。

それに、他人のやり方を見て揺らぐようなものであれば、最初から創り直すことが必要なのかもしれない。




矛盾してるようだけど、この一見相容れなさそうな信念をうまく機能させていくこと。

さらなる高みへ上るための鍵は、その辺にあると考えてる。



/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-/*-*-



ついでに流行ってるみたいだから俺の財布も公開しておこう。




財布の価格の200倍がその人の年収になるというアレの話。

まさにオレ、謎のミスリードをして┗(`・∀・´)ヨッシャ! 高い財布買うわーってなった典型みたいだorz



でもどうせなら次はもっとパネェやつ買ってやるわ。




ほんじゃ今日はお雛様飾ってくる。




先日Lしたユーロドル、決済しました。


買ったときのユーロドル 4H
hnfnff


現在のユーロドル(2/7の朝) 4H
ffsfssffssfg



黄色のラインが当初のストップで、赤のラインまで引き上げました。

んで、そこに刺さって決済。


マイナス37pips


含み益は60pips前後までは出てたんだけど、狙いはもっと上だったので耐えてた。

当初のストップも70pipsくらいあったし、RRの点でもイマイチなので。



反省点は、ストップの位置に一貫性がないのと、少し早まったこと。



こういった押し目買いのときは、ある程度の損失を許容しながらエントリーするというのが自分のやり方なんだけど、その損失を抑えようとしすぎた感はある。

この場面だと、上も更新してないし、かといって下も更新してない云わばどっちに動くかビミョーな段階。

ならばまだ耐えるべき局面だった。



目の前の損失を恐れて、得ることができた利益を失うということだけは避けたい。

勝率がよくないやり方なので、それをやってしまうと長期的に考えるた場合受けるダメージもでかい。



結果よりもプロセスを大事にしていこう。

悪習は断ち切らなければ勝ち続けることはできないのだから。






・・・



って、




昨日ブログの更新しようと思って書いてたのに、更新してないジャン。

なんかこの後もだいぶ動いてるみたいだから、もう少し追記しようそうしよう。



うん?結構な勢いで落ちてったわけね。



結果的には、ストップを狭めたお陰で損失を抑えられてはいるんだけど、内容としてはやはりダメトレード。


ユーロドル 4H
fggghhffhfh




ストップの移動は画像の青矢印の位置での反転を確認した上で行う。

今回の結果ではさほど変わらなかったんだけど、そのプロセスは全く異なる。



曖昧さは残してトレードしてはいるんだけど、守るべきルールはきっちり守らないと。

なんのために必死こいて検証やったんだよ・・・って。



そのエッジを活かしてトレードするため、この辺を修正して次回に活かしたいと思います。






ffdfdfdfd


ってことで、考えてみた。


以前、自分ひとりの夢じゃなくて他の人も巻き込んだ夢を持つといいよ、って記事を書いたけど、やっぱりそこに行き着くことになった。



悔しさや不満という気持ちもモチベーションを上げてくれる。

自分にもそんな時期はあった。

だけどそれを保っていけるかというと、それはなかなか難しい。


そもそもその先には何が残るんだろう?

そんなことを考えていくうちに、自分はなんのためにやっているんだろう?なんて気持ちに苛まれる。



自分の場合は、もういいや、ってなった。

悔しいという思いは確かに残ってるけど、自分の中で昇華してしまえばそれで終わりにできたりもする。






甘いと言われようが、自分のモチベーションを上げてくれるのは、「感謝」とか「相互扶助」。

ここまでこれたのは自分ひとりの力じゃない。

いろんな人の助けがあってこそここまで成長することができた。



トレーディングは孤独なものだ、って考えも間違いではない。

だけど、自分に関わってくれてる人はみんな、自分の利益のためだけにやっているとは思えない。




・メンターとして常に気をかけてくれている人

・要所要所で的確な意見をくれる人

・精神的な面で支えてくれている人

・あんまり表に出るのが好きじゃないのに、そっとブログにコメントをくれる人

・自分のことのように「おめでとう」って言葉をかけてくれる人





感謝せずにはいられないし、自分もそんな人になりたいと強く思う。


ゼロサムゲームといわれるこのトレーディングの世界でも、そんな信念を持ってやっていきたい。




ただ、勘違いして欲しくないのは、「相互扶助」であって「依存」ではないということ。

Twitterとかで情報交換したりするのはアリだけど、この人と同じポジション持ってるから安心だ、みたいなのは違う。


あくまで一人の自立した人間として接する関係でいたい。

そのためには個人として向上心をもって成長する必要もあるだろうし、それができてこそ他者との関係が有意義なものになる。



思えばいろんなきっかけがあった。

それはTwitterだったり、ブログだったり、プライベートだったりしたけど、予想してなかった場所からのものが多かった。



自分はツイてるなー、とか、強運だ、とか思ったりしたけど、こういったきっかけは自分から行動を起こした結果なんだろうな、とも感じる。

確かに運を運んできたのは自分以外の誰かということは間違いない。

だけど、それを掴んだのは自分。


運とかツキって、たぶんいろんなところにあるんだと思う。

ただそれは、待っていてもやってくるものではない。


そういうきっかけになりそうな行動を意図的に作っていくことで、その機会も増えるんじゃないかな。



一歩踏み出して考えるのはちょっと怖い面もあるんだけど、そのための行動になるのなら、今後も惜しまず続けていきたい。






OHAYO!

今日も早起き。トレーダーがまだ余裕で起きてる時間に目を覚ますイクメントレーダーヒロキです。


最近は、為替が活発な動きになる時間はあえて寝てもいいんだ、くらいの気持ちですごしております。

所謂睡眠投資法!(決してなめてるわけじゃございません)



相場との向き合い方は人それぞれだからね。

これでなきゃだめ!なんて考えをしなくていいのも魅力のひとつかと(勿論必要なこともあるのは承知)。



特に自分のような兼業で時間も限られるトレーダーは、オンとオフをきっちり分けていくことも大事だと思う。





---------------------------------------------------------------------


さてさて、なかなか激しく動いている為替ですが、


こんな動きの時、自分はこんな姿勢でトレードにのぞみます。



ある程度の損失を許容しながら、もしくは小さく損切りしながら可能性にかけてトレードする。

あくまで上がるのは可能性のひとつなので、深追いはしない。




明確な基準をもってエントリーしないと、たぶん残念な結果に終わる。


ユーロドル 4H
hnfnff




これ、みんな押し目を探してたよね。

ちょっと下がったら、「押し目キターーーーー」みたいな感じでガンガン買ってるひと多かったんでない?



なんとなくでエントリーしてたらやられる一方。相場はそんなに甘くない。



自分の場合は、大勢の注文が多数入るだろうポイントを絞って注視します。

短い時間軸のMAよりも長い時間軸のMA、みたいな感じで、なるべくノイズというかランダム性が少なくなるようなポイントを選んでます。



で、方向を確認してからエントリーする。

こうすることで、ダマシをある程度回避できる。

ただ、どうしても許容するリスクは大きめになる傾向がある。この辺は課題のひとつかな。


後出しじゃんけんは強いけど、遅く出しすぎると反則負けになっちゃうので。





そして、曖昧さを残しておくこと。


トレードに絶対なんてないのだから、ある程度は許容していく分が必要になってくる。



きっちりとやっていくことが論理的には望ましいのかもしれない。

だけど、なるべくストレスがかからないようなトレードを理想とする自分は、あえてきっちりしないやり方でやってる。



勝つことよりも負けないこと。

欲は出しすぎず、安定した状態で続けられることのほうが大切なんだ。





やべぇ、今日の娘のカッコ、全身水玉や!


s



どーもおはようございます。イクメントレーダーのヒロキです。



こども服ってかわいいよね。

特に水玉。

ついつい水玉ばっか買っちゃって、気をつけないとこんな自体にもなってしまったり(笑



せめてアウターは違う柄を選んで着せていけばよかった。



でもでも、この日はインナーも水玉でした・・・。

選ぶのは俺じゃなくて嫁さんなんだけどね。




あ、そういえば先日買ったバラがいい感じに開いてた。



びふぉー
a



あふたー
d



花がある生活って、なかなかいいもんだね。

今日もいいことありそうだ









********************************



昨日は久々にコレ読み返した。




たまたまtwitterでリアルタイムに同じ本読んでる人がいて刺激を受けた。

結構みんな読んでるよね。



てかさ、パン本とか読んでて思うんだけど、書いてある内容って「ゾーン」でいうところの主観的トレード向けが多いよね。


売買システムの完璧な執行、確率で考えること、一貫性を持つこと


この辺がしっかり理解できて、マーケットに対して適切な期待を持つようにした状態でないと受け入れるのが難しいものもある。


そういう意味で、ある程度機械的なトレードができるようになってからでないと難しそ。

もちろん否定してるわけじゃないし、たくさん読むことは大事だと思うんだけどね。





そんで、個人的には勝ってる人の思考や行動から共通項を導きだす、ってやり方はアリじゃないかな、なんて思う。


この高勝率トレード学のススメでも、序盤に書いてあるようなこと。




例えば


・どんなスタイルかは問題ない。お金を稼ぐには、規律としっかりとしたトレーディング戦略とマネーマネジメントプランがあれば十分だ。


・優れたトレーダーになるための第一歩は、悪習を断ち切ることだ。


・成功するトレーダーと負け続けるトレーダーとの違いは、犯した過ちの扱い方にある。


・たとえ負けトレードでも、適切な判断ができていればそれは過ちにはならない。






などなど。書き出したらキリがねーな・・・

たくさん本を読んでると、自ずと共通の思考法に気付く。

自分が思うに、この思考法、姿勢は必須の条件。



この姿勢を持った上で、機械的トレードができるようになり、その段階を経て主観的トレードができるようになる。

最初から裁量トレードを行う人が多いけど、失敗する原因はこの辺にもあるんじゃないかな?



さらなるステップアップのためには、論理的思考の積み重ねが必須かな。

そのため、実践経験がたくさん必要になるのではないかと考えてます。

経験というよりは、どれだけ深く考えたかによるのかも。




おそらくトレーディングにおける学習は終わりがないし、極めたと思うことも一生ない。

でも、ずっと遊べるゲームだと思えば、こんなに面白いものは他にはないよねヾ(≧∇≦*)〃




--------------------------------------------

昨日は今までとは違った逆バリトレードを思いついた。

まさに昨日のこんなところ↓を取っていく感じ。



ユーロドル4H
fgfffff


この場面、正直直感的にイケる!と思ったんだけど、結局エントリーはせず。

自分のレベルの直感はまだ当てにならんだろうし、そんなクソ直感を当てにして運よく勝ってしまったら新たな悪習が身についてしまいそうで。

まさに高勝率トレード学のススメに書いてあったことや!



思いついた閃きや気付きは、検証して正の期待値をもっていることを確認してから使う。

今は基本に忠実に。


しばらくじっくり検証生活してなかったからワクワクするな、なんて思いながら・・・。






FXトレードに必勝法はあるのか?


宮本武蔵が生涯無敗だったのは、相手を選んでいたからではないか?という説がある。

真実かどうかは置いておいて、この考えからは多くの学びを得ることが出来る。




戦う相手を選ぶ(自分よりも弱い相手とだけ戦う)




これをトレーディングに置き換えると、こんな感じではないだろうか。




好機を待つ(自分の得意な流れになるまで休む)




全ての機会でトレードする必要はない。




太陽の下でひなたぼっこをしているのを想像してみてほしい。

そのとき、太陽が雲で陰ったら、あなたならどうするだろう?



自分はそのまま雲が過ぎ去るのをじっと待っていればいいと思う。

トレードもそんな風に考えてる。




adasas





自分の場合は、トレンドが発生しているときに高勝率になるトレード手法がある。

ならばそのトレンドが出るのをじっと待つ。


(※トレンドが発生しているという定義は、時間軸等含めてひとそれぞれだけど、ここでは置いておきます)




勝ちたい勝ちたいと欲にかられてしまうと、待つことが出来なくなってしまう。

その結果、検証結果から得られたエッジを殺すことになる。

そんなひとって多くない?




もちろんこのやり方だけが正しいと言っているわけではない。

日が陰ったら日向を探して歩きだす。

そんな選択もあるだろう。



ただ、欲に刈られて無理やりテクニックで打開しようとするのは得策ではないと思ってる。

(それでもTwitterとか見てると、どんな場面でもコンスタントに結果を出す人もいる。その存在は認めざるを得ない。)




他の人のやり方は輝いて見える。結果を出している事を知ると尚更。

だけど、自分には自分のやり方がある。

それを信じて焦らずに進んで行けばいいじゃない(人の意見を聞かないで良いと言ってるわけじゃないよ)。



隣の芝生は青い。

だけど、隣からみたら自分の芝生だって青い芝生は生えているんだ。



ggfdd




それに、人間は機械じゃない。

同じやり方でやるにしても、そこから生み出されるものは千差万別。

トレード環境も違うだろうし、そもそも生きてきた背景が違うんだから。




求めるものも人それぞれ。

そこで納得していくことも大事なことなんじゃないのかな?




ぶっちゃけ先週末は自分の欲との戦いでした。

こんな大きな動きでトレードしてないのが、すごくもったいなく感じた。

それほど今の動きは強いトレンドが出ており、リアルトレードをしてれば大きな利益が期待できる。



だけど、一歩引いて今の状況を考えて見ることで、冷静さを取り戻すことができた。

自分が欲しいのは、目の前の勝つ機会ではなくて、継続的に勝っていくこと。

目の前の魚ではなくて、魚を釣る方法なんだ。



相場は逃げない。

焦ることなんてない。



今はやるべきことをやって、少しずつでも前に進んでいければそれでいい。






ブログ運営について少し考えてみた。



なぜブログを始めようと思ったのかについては、以前も書いたことがある。

正直なところ、アフィ収入が少しでも入ればという不純な動機(?)が多くを占める。



ただ、時間が経つにつれて、その気持ちも変わってきた。

本物のトレーダーに触れたお陰で、以前にもましてFXと向き合うようになり、

FXを通して自分と向き合ってきた。



FXで稼げればいいという気持ちから、FXを通じて成長していきたい。



この心理的な変化の最中も、ブログは書き続けてきた。

今でもアフィ収入は欲しいから広告貼ったりしてるけど、むやみやたらにやらない。

本当に自分がお薦めできるものだけにしてる。


基本的には自分のためにやってるんだけど、最近は少しでも他の人の助けになるかな、なんて気持ちもあるんだ。

そんな風に他者とかかわっていけたらいいな、なんて思ったりもする。





また、最近では時間に余裕もでき、いろんなことを学習する機会も増えた。

情報は無限といっていいほどたくさんある。

そのため、集めた情報は常に捨てていかないと、その情報に囚われ過ぎて身動きがとれなくなってしまう。


確かにインプットは大事だけど、食べ物と同じように多く入れれば良いというものでもない。

言ってみれば、「情報メタボ」の状態になってしまう。

必要に応じて捨てる(アウトプット)ことをしていかないと。




ただ、得たものをそのまま出しても意味がない。

自分の中で消化し、自分の言葉でまとめていく。

素材を吟味して自分にしか出せない料理を出す感覚。


そうしていくうちに、ただの知識から知恵へと変わっていく。

そんな過程を経て得たものは、自分の血となり肉となる。



想いや考えを文章にまとめたりするのって大変だよね。

だけど文章化できないものはたぶん自分でも理解できていないんじゃないかと思う。



トレード手法でもそうだけど、「自分は明確なものをもってるぜ!」って思っている人も、一度書き出してみるのをお勧めする。

思っていたより曖昧で驚くはず。自分もそうだった。



しっかり向き合うことで、足らないものもはっきりして、進むべき道も見えてくる。





目標達成のためのモチベーションを保つのは簡単なものではない。



そんなとき、自分がオススメする方法にこんな考え方がある。



自分のことだけを考えていると、目標達成のモチベーションは続かない。

この逆の事を考える。



自分だけの夢じゃなくて、他の誰かと共有してみる。




つまり



恋人の事を思うと、2人の夢が出来る。

妻の事を思うと、夫婦の夢が持てる。

家族のことを思うと、家族の夢が持てる。




人が本気で頑張れる時って、「自分のため」じゃなくて「好きな人のため」だったりする。




それに、自分の成功を、まるで自分のことのように喜んでくれる人がいること。

それってステキやん?




grggdgdgd





情けは人のためならずというが、自分のためにやったことが他の人の助けになることがあるのなら、

こんなに嬉しいことはないんじゃないだろうか?


なので自分は、少しでも他の人の助けになるような行動をとっていきたい。

このブログを読んで、少しでも



勉強になった

おもしろかった

元気になった




そんな言葉が聞けると、書き手としてこんなにうれしい事はない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

そして、今週もお疲れさまでした。





やぁ。

最近首が痛いのがデフォになってるイクメントレーダーヒロキです。



最近早起きがさらに早起きになって、朝の時間を最高に有効活用しています。

朝ごはんは基本自分が作ってるんだけど、それに加えて洗濯物を干すのも手伝い始めました。

やってみると意外やいろんな気付きがあったりして勉強になりますよ。



それに最近ほんとに寒い。

「最近寒いし、たまにはおれが洗濯物干してくるよ」なんてサラッと言えば、奥さんも惚れ直すこと間違いなし!



やってみて!



てか、朝早くから外に洗濯物を干すのはうちだけかな?





fvgdfdfdf



そんでこのサンダル、嫁さんが使ってる所謂健康サンダル(ぼこぼこしてるやつ)なんだけど、俺が履くとめっちゃ痛いんだよね。

おれどっか内臓系悪いんだろうか?なんて少し不安になったりしました。






------------------------------------------



よっしゃ、ここからは昨日書けなかった本題を書くぜ!


題して「ビギナーズラックの必然性」



ビギナーズラックは、運によるものではなく、起こるべくして起こっているのではないか?

だとすれば、意識してその状態を作ることは可能なのではないか?




そんな仮説を立て、考えてみました。




まずは私の愛読書のコレから引用。






成功に不可欠な要素は恐怖心のない「無心状態(ゾーン)」である。

そして、初心者はこの理想とする思考法に近い。

なぜなら、初心者はトレードに内在する危険性を非現実的なものとしてとらえているからだ。





つまり、恐れがないから大胆に行動することができ、大勝することがある。

もちろん大負けする可能性もある。だけど、初心者はそのことを考えない。



経験者が「たぶん無理だろう」と考え躊躇するところでも、臆することなく動くことができる。




うん、確かに間違いない。

自分もそうだったし、結構そんな人も多いはず。



トレードの話じゃないんだけど、俺が麻雀を覚えたてのころ、国士無双を何度かあがったことがある。


vffdffff



もちろんその後も何度かあがったことはあるけど、初心者のころが最も多かった。



初心者のころは、可能性にかけて勝負することが多い。

そして経験、知識も増えてくるといろんな視点で見れるようになる。

国士を狙える配牌でも、チャンタねらった方があがれる可能性があるな、みたいな。



しかし、それが逆に可能性を狭めてしまうことにも繋がる。

目の前にある「今この瞬間の機会の流れ」を察することができなくなる。




トレードでも同じ。

目標とする利食い値に届かずに建値まで戻ってきた経験をすることによって利食いが早くなったり、

大負けした経験をすることによって過剰に狭いストップを置いたりする。

(これらが一概に悪いことだという意味ではない)



初心者はそんな経験がないため、不安を感じることなく「今この瞬間の機会」と向き合える。



「恐れずにトレードすること」がビギナーズラックに必要な要素のひとつであることは間違いなさそうだ。





ここからは持論を展開していこうと思ってたんだけど・・・




意外やまとめるのって難しい。

シリーズ化してまたの機会に続きを書こう。







*************************************************


最後にちょっとトレードのはなし


1月の結果まとめ


ddddddddd
表示はpips数です



正直思った結果にはならなかった。

検証とのズレも大分あったし、その大部分を占めるのは心の問題。

それに注文を間違えるというアホなミスも何度かしてしまったし。



検証のときと実際にやってみるのとでは全然違う。

わかっちゃいたけど、頭で思うのと経験するのでは100倍違う。



自分の弱さを真摯に受け止め、この差を埋める作業を続けていこうと思います。

それでは皆様お疲れ様でした。今月もがんばっていきましょう!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。